株マスターの個人投資家王国デイトレード必勝情報
株式投資(デイトレードなど)で個人投資家を応援する為のブログです。毎日、明日の日本株式注目銘柄をメルマガに掲載していますのでご参考にどうぞ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
本日の市況
 本日の日経平均株価は51円11銭高の1万4888円77銭でした。
前場は3連休前とあって少々様子見ムードが漂いましたが、水準的には安い位
置にあり、後場には為替相場も味方して上昇。

 急騰急落が続いていますが、そんなに悲観するような相場でもないですね。
▲TOP
本日の市況
 本日の日経平均株価は373円86銭安の1万4837円66銭でした。
外国為替市場での円高・ドル安基調を嫌気した売りが優勢で、朝方から主力株が売られ日経平均を押し下げた。

 またFOMCがサブプライムローンの影響などによって2008年の実質GDPを2.5~2.75%から1.8~2.5%に下方修正した事も影響しましたね。

▲TOP
本日の市況
 本日の日経平均株価は168円96銭高の1万5211円52銭でした。
前日同様に米株安や円高を嫌気して後場初めまでは大きく下げていましたが、その後一変し大きく上昇。

 心理的なラインである1万5000円を下回った事をきっかけに値ごろ感を背景にした押し目買いが下支えしましたね。

▲TOP
本日の市況
 本日の日経平均株価は112円5銭安の1万5042円56銭でした。
16日の米株の反発や外国為替市場の円高一服を受け、朝方に日経平均は150円近く上げる場面があったが日米景気の先行き不透明感から継続した会が続かなかった。本日の感想としては数字程は弱い気がしなかったって感じでしたね。

▲TOP
本日の市況
 本日の日経平均株価は241円69銭安の1万5154円61銭でした。
前日の米株安や外国為替市場で円相場が上昇したことが投資心理を冷やした事や、アジア諸国の株式相場が軟調だったことも売り材料になりました。

 ただ1万5000円という心理的な線を越えなかったため底を確認したかのように切り替えしましたね。やはりこの水準で買いを入れておくと自然と回収できますね。

▲TOP

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。