株マスターの個人投資家王国デイトレード必勝情報
株式投資(デイトレードなど)で個人投資家を応援する為のブログです。毎日、明日の日本株式注目銘柄をメルマガに掲載していますのでご参考にどうぞ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
サブプライムローン
サブプライムローンは、所得や信用力の低い人向けの消費者金融の一種で、自動車や住宅などを担保に年率20~30%の高金利で貸し出すものです。米国では総世帯の約4割が年収2万5000ドル以下といわれ、日本の消費者金融市場と同様に市場が非常に大きいです。

 その内問題となっているのは住宅担保融資です。将来の値上がりを期待して不動産投資を行っている個人投資家の利用が多いのです。

 米国は住宅バブルが続き、こうしたリスクの高い投資に多くの個人が参入していたわけですが、住宅価格の上昇率が鈍っただけで、これら似非投資家が返済不能に陥っている訳です。まぁ~バブル後はこのような事になりますね。

 米連邦準備制度理事会のバーナンキ議長は19日、サブプライムローンの焦げ付き問題に関連して、このローン債権を組み込んだ金融商品の損失が最大で、1000億ドル(約12兆円)に達する可能性があるとの推計を示した。こうした商品に投資する証券会社や銀行が、今後多額の損失処理を迫られる恐
れがありますね。

 ところで、皆さんが気になる日本市場への影響ですが、さほど心配は無いと思っております。頭打ちの米国市場よりも、割安感の強い日本市場はまだまだ伸びる余地がありますので、これからの投資先として世界のファンドは日本を中心に投資し始めるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kabumaster.blog87.fc2.com/tb.php/137-8aab9d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。